メンズに人気のビジネス用クラッチバッグを7ブランドから徹底比較

メンズに人気のビジネス用クラッチバッグを7ブランドから徹底比較

メンズに人気のビジネス用クラッチバッグを7ブランドから徹底比較

書類だけでなくiPadなどのタブレット端末を持ち運ぶのに適したバッグとして近年急速に流行りだしたクラッチバッグ

 

形だけ見るとセカンドバッグと似ていますが、その印象は大きく異なっています。

 

セカンドバッグというと「ヤクザ・チンピラ・成金」などといった悪印象がつきまといますが、クラッチバッグは「お洒落なバッグ、フォーマルなバッグ」という好ましいイメージで見られる場合が多いです。

 

事実クラッチバッグは女性ユーザーの指示が高く、特に冠婚葬祭などのフォーマルな場面で使用する特別なバッグとして所持している人が多い印象を受けます。

 

その他クラッチバッグは薄くて持ち運びが便利なのでバッグインバッグとして使用している方も多いです。

 

そんなクラッチバッグをこの記事ではメンズに人気のブランドを7ブランド厳選し、徹底比較しました。

クラッチバッグを基本項目で比較!

 

価格帯

カラー

クラッチバッグ種類

ココマイスター

60,000円、105,000円

ブラック、モスグリーン、ロイヤルブラウン、ダークネイビー、ヘーゼル、ロンドンキャメル、スイスレッド

2種類

フェリージ

25,920〜57,240円

20種類〜

5種類

ポーター

8,640〜57,240円

ブラック、ブラウン、レッド等15種類〜

25種類

ポールスミス

28,080、56,160円

ブラック、ダークブラウン、ネイビー

2種類

オロビアンコ

19,800〜58,320円

黒、ネイビー、赤、イエローグリーンなど

20種類〜

プラダ

38,800円〜83,440円

キャメル、チョコ、黒、グリーン、赤など

10種類〜

ビームス(BEAMS)

5,660円〜156,120円

クロ、濃茶、チョコ、ピンクなど

100種類〜

※上表では公式サイトで税抜き表示しているのもすべて税込表示に切り替えて表示しています。

クラッチバッグを鞄の特徴から比較!

 

サイズ(高さ・幅・厚さ)

重さ

素材(皮革)

ココマイスター

27×36×4(cm)

751g

ブライドルレザー、ウルトラスエード

フェリージ

31×42×5(cm)

不明

マキシカーフ、パンチング×レザー、ナイロン

ポーター(吉田カバン)

24×34×4.5(cm)

210g〜900g

牛ステア、ワッフルナイロン

ポールスミス

A4

340g〜2,130g

ブリティッシュブライドル、牛ステア

オロビアンコ

27.5×16×6.5(cm)

630g

ナイロン、イタリアレザー

プラダ

22×14.5×3(cm)

350g〜900g

牛革、ナイロン

ビームス(BEAMS)

B5、A4

550g〜1,360g

イタリア製牛革

※上表では公式サイトで税抜き表示しているのもすべて税込表示に切り替えて表示しています。 ※上表はZOZOTOWN、BUYMA、価格ドットコム、楽天市場、公式ページ等の情報を下にしています。

 

 

評判

エイジング(経年変化)

アフタサービスの有無

ココマイスター

メンズに人気のビジネス用クラッチバッグを7ブランドから徹底比較

フェリージ

メンズに人気のビジネス用クラッチバッグを7ブランドから徹底比較

ポーター

メンズに人気のビジネス用クラッチバッグを7ブランドから徹底比較

ポールスミス

メンズに人気のビジネス用クラッチバッグを7ブランドから徹底比較

オロビアンコ

メンズに人気のビジネス用クラッチバッグを7ブランドから徹底比較

プラダ

メンズに人気のビジネス用クラッチバッグを7ブランドから徹底比較

ビームス(BEAMS)

メンズに人気のビジネス用クラッチバッグを7ブランドから徹底比較

※上表では公式サイトで税抜き表示しているのもすべて税込表示に切り替えて表示しています。

 

クラッチバッグをブランドの特徴で比較!

ココマイスター

ココマイスターのクラッチバッグは種類が少なく、ブライドルロイヤルクラッチとブライドルセカンドバッグの2種類しかないですが、皮革ブランドとしての信頼性と人気はお墨付きです。ココマイスターのビジネスバッグは高級皮革使用、オールハンドメイド、少量生産ということで値段は決して安い物ではないですが、このクラッチバッグに関しては比較的お手頃価格の部類に入るので、初めて購入される方にはちょうどいいかもしれません。

フェリージ

ビジネス用のクラッチバッグとカジュアル用のクラッチバッグがあって用途によって選べることができます。ビジネス用のクラッチバッグはレザー製で色合いもシンプルな物が多いです。バッグの前面、背面と底部には、緩衝用のクッション材が入っているのでタブレットA4サイズのノートPC等を入れるのに最適です。

ポーター

日本の鞄ブランドとして不動の地位を築いている吉田カバンのブランドシリーズのポーター。当然クラッチバッグの種類も豊富で色々なクラッチバッグの中から自分にあったモノを選ぶことができます。中国製産ということで品質に若干の不安は残るものの、値段は比較的お手頃価格で購入することができます。

ポールスミス

イギリスの大手ファッションブランドのポールスミス。クラッチバッグはベルボアタイル(28,080円)とPCリザードエンボス(56,160円)の2種類あります。PCリザードエンボスは名前の通り、リザードの型押しを男したイタリア製の牛革を使用しており、独特な高級感が特徴です。ベルボアタイルの方は、英国べルボア城の衛兵室の大理石の床からインスピレーションを受けた奇抜なプリントが施されています。どちらもどちらかというと、カジュアルなシーンに向いているのかなという印象です。

オロビアンコ

イタリア製レザーにこだわりがあり、レザー製のクラッチバッグはイタリアの国旗柄がついたお洒落なデザインでありながらもシンプルで使い勝手はいいです。最近は安いナイロン製のモノも若い世代に人気が出てきているメンズブランドです。

プラダ

誰もが聴いたことがある知名度の高いハイブランドのプラダのクラッチバッグはスタッズが付いたものや、柄が派手なモノが多く、ビジネスには不向きかも知れません。値段もブランド代が乗っかってきますので普通のバッグよりも割高になってしまいます。ブランド志向が強い人向け。

ビームス(BEAMS)

お洒落なアイテムが多いビームスのクラッチバッグは2way・3wayタイプなどの種類も豊富になります。値段も手頃なモノが多く20代男性の若い世代からの支持率が高いブランドです。

 

一昔前まではセカンドバッグを持っている人は「ヤクザ」「ダサい」なんていうレッテルを貼られていた時期もありましたが、現在はクラッチバッグというネーミングが浸透してきて「お洒落上級者」「ちょっとした移動にちょうどいい」といった良いイメージがつくようになってきました。

 

クラッチバッグはカジュアル・ビジネスのどちらでも使うことが可能ですが、どちらかというとフォーマルな場面で持たれている人が多いというのが現状です。

 

なのでこの記事では冠婚葬祭や高級レストランのようなフォーマルな場面やビジネス用として使える高級クラッチバックを販売しているブランドを紹介したいと思います。

 

質の良い高級クラッチバッグブランド見極めるポイント5つ!

  • シンプルで派手すぎない
  • 本物志向が強いレザー製
  • 日本生産
  • ノートPC・タブレット収納対応
  • よく売れている(売り切れが多い)

エグゼクティブ向け!最高級クラッチバッグブランドランキングベスト3

ココマイスター

ココマイスターの特徴

5つのポイントすべてに該当したココマイスター。フォーマルシーン用の最高級クラッチバッグを探しているなら、ココマイスターで間違いなしと言えるくらい鞄の作りがいいし皮革にも拘りがあります。

 

ココマイスターのビジネスバッグはネット限定商品も多く、希少価値が高いのが特徴で高額商品にもかかわらず人気が殺到している状況です。

 

腕利きの日本の職人さんによるオールハンドメイドの為一度売り切れると再販されるのに半年以上もかかってしまう場合もあるので注意が必要です。

価格 60,000〜105,000円
購入者層 30代〜50代
総合評価

 


 

フェリージ

フェリージの特徴

オシャレ感が強く耐水性が高いナイロン製のクラッチバッグが若い世代に人気があります。フェリージのレザークラッチバッグは30代以降のミドル世代に人気があるようで、どちらもブランドイメージは良くビジネス利用としても可能なブランドだと言えます。

 

価格 25,920〜57,240円
購入者層 20代〜30代
総合評価


 

ポーター(吉田カバン)

ポーター(吉田カバン)の特徴

日本のビジネスバッグメーカーとしては一番有名どころではないでしょうか。クラッチバッグの種類も価格帯もたくさんあるので自分にあったモノを選ぶことができます。

 

ただ、ビジネスバッグとして利用する上での高級感漂うイメージは薄いというのがデメリットとしてあります。

価格 8,640〜57,240円
購入者層 10代〜60代
総合評価