良質な革製ビジネスバッグのブランドを見分けるポイント6つ

良質な革製ビジネスバッグのブランドを見分けるポイント6つ

良質な革製ビジネスバッグのブランドを見分けるポイント6つ

良質な革製のビジネスバッグを買いたいけど高い買い物だし失敗したくない!という思いありますよね?

 

この記事ではそんな悩みを解決する「良質な革製ビジネスバッグのブランドを見分けるポイント6つ」を紹介しています。

 

【関連記事】良質な革製ビジネスバッグのブランドを見分けるポイント6つはこちら

 

良質なレザービジネスバッグを販売しているブランドを見極める6つのポイント

  1. 価格帯8万円〜15万円(アタッシュケースを除く)
  2. ブライドルレザーやコードバンなどの良質な皮革を使用している
  3. 日本職人による手作り(日本製)
  4. 内装にもこだわっている
  5. ネット上で人気があるブランド
  6. アフターサービスがしっかりしている

 

1、価格帯8万円〜15万円(アタッシュケースを除く)

結局レザービジネスバッグがどうしてそんなに値段が高いかというと、単純に使用する皮革自体の量が多いということもありますが、一番は職人さんの技術料なんです。

 

鞄の種類にもよりますが、往々にして鞄が完成されるまでに1つ1つ機械任せにできない緻密な作業を100以上踏むことになります。

 

しかもそれらの工程は1mmでもズレてしまうと数年の寿命の短さにつながってしまう程の精密なモノなんです。

 

なので職人さんの技術料や革の費用などを考慮すると、レザービジネスバッグの価格帯として8万円〜15万円が一番妥当な値段だと言えます。

 

それ以下だと安すぎますし本当に良質な皮革を使用しているか疑いたくなってきます。

 

またそれ以上高い値段の場合もそれはブランド代や広告費とだと思ったほうがいいでしょう。

 

因みにここでのビジネスバッグとはビジネストートバッグやブリーフケース、クラッチバッグ、セカンドバッグも含まれます。

 

アタッシュケースやトランクケース(ボストンバッグ)は使用する皮革・素材の量が多いので、相場価格帯はもう少し高くなります。

 

2、ブライドルレザーやコードバンなどの良質な皮革を使用している

ブライドルレザーやコードバンといった良質な革をしっかり使用しているかどうかはよい革製ビジネスバックを見極めるための大きなポイントです。

ブライドルレザー

馬具のために作られた革であり、原材料は牛革です。耐久性を高めるために何度もロウを塗り込み繊維を引き締めています。

 

馬具に使うくらいの革ですから耐久性が非常に高く、破れにくいのが特徴です。また製造過程においてロウをしっかりと染み込ませてあるため、耐水性にも優れています。

 

傷や経年変化も味わいとして楽しむことができることも特徴です。

コードバン

馬のお尻からとれるレザーで光沢のある表面が魅力です。つるっとした手触りと深みのある光沢は高級感抜群です。

 

これぞ革製品、という見た目で上質感が漂います。この深みのある輝きにあこがれる方も多いのではないでしょうか

 

3、日本職人による手作り(日本製)

皮革とは動物の皮を加工したモノのことですよね。すると当然同じ動物の皮でも個体によって一つ一つ若干硬かったり柔らかかったりと特性が違ってきます。

 

それらの特性が違う皮革を同じ製品に仕上げていく為には、皮の特性を知り尽くしたベテランの職人さんの技が必要不可欠なんです。

 

すこし癖のある固めの皮革なら普段より数ミリ伸ばして縫製するなど精密で感覚的な技術が必要としまう。

 

最近ではすべての工程を機械任せにして作る会社も少なくないですが、そういった微妙な皮の特性を考慮せずに編み込んでいくので、当然すぐ糸が解けたり皮が破けたりするのです。

 

なので何十年も使いこんでいく上での経年変化を楽しみたいレザービジネスバッグは、世界でも認められている細やかで緻密な作業が得意な日本の職人による手作りが一番おすすめなんです。

 

4、内装にもこだわっている

ビジネスバックは見た目ももちろん大切ですが、最も大切な事はビジネスにおける使い勝手です。

 

内装にこだわっているかどうかを見極めることも、良質なビジネスバックかどうかを判断する大きな材料になるでしょう。
良いビジネスバックには内装にもしっかりしたこだわりがあり、実際のビジネスシーンにおいて使い手が使いやすいように内装にも細かい工夫や長く愛用できるように丈夫な革が使用されています。

 

また縫製もしっかりしていて、長い間使っていても壊れにくいことでしょう。外から見えないところもしっかりとこだわる丁寧に作られた商品は例外なく良い商品です。

 

高級感というものは外観ではなくそのような所から漂います。

 

5、ネット上で人気があるブランド

今は口コミの時代です。インターネット上には様々な商品に対する評価や使い心地など実際使用した生の声がたくさん投稿されています。

 

少し前であれば製品に不満や不具合あっても身近な人に言う、または返品して終わりでしたが、現在では一個人が商品に関してネット上に自由に書き込むことができますし、その書き込みをいつでも誰でも自由に閲覧することができます。

 

当然良い商品は良い口コミが投稿されますし、その声が集まれば話題になっていきます。偏った一人の意見はあまりあてにならないかもしれませんが、複数集まった評判はとても参考になることでしょう。

 

ネット上で人気があるブランドかどうかを事前に調べることも、よいブランドかどうか見極める大きなポイントと言えるでしょう。

 

6、アフターサービスがしっかりしている

ビジネスバックに限った話ではありませんが、良い商品には必ず作り手のこだわりと製品に対する愛情があり、作り手はできるだけ長く大切に使ってほしいと思っています。

 

特に革製品は使えば使うほど味が出ますし、きちんとメンテナンスすれば半永久的に使えるという事が魅力の一つでもあります。

 

良質なビジネスバックのブランドであれば修理をすることを前提に販売しているはずですし、販売後のアフターサービスにもしっかり力をいれています。

 

購入するときに「壊れた場合は持ってきてください。修理いたします」と言ってくれるブランドは自社製品に自信のある良いブランドでしょう。

 

アフターサービスがしっかりしているかどうかも良質なビジネスバックのブランドかどうかを見分ける大きなポイントになるのです。

 

おすすめブランドNo.1 ココマイスター

ここまでよい革鞄を選ぶためのポイントを6点紹介してきましたが、これらの条件すべてを満たしているブランドがココマイスターです。

良質な皮革を使っている。

ココマイスターはコードバン、ブライドルを始め、良質な皮革を世界中の名門のレザー会社から購入し製造しています。

内装にもこだわりがある。

ココマイスターでは熟練の職人さんがそれぞれの皮革の特性を理解したうえで、用途に適した加工を手作業で丁寧に行っています。

ネット上で人気がある。

ココマイスターの製品を購入した方のほとんどが、「買ってよかった」「高額だったけれど価格に見合うだけの価値がある」と高評価をしています。

アフターサービスがしっかりしている

ココマイスターの革製品は永年保証です。もちろんすべての修理が無料ではありませんが、ファスナーの破損などは基本無料で修理対応してくれます。
また「購入後14日以内で未使用なら返品の送料も含めて無料」という所も自社の商品に対する自信がしっかりと表れています。