TUMI(トゥミ)のビジネスバッグを【徹底解剖】

TUMI(トゥミ)のビジネスバッグを【徹底解剖】

元々はアメリカの防弾チョッキのメーカーのTUMI(トゥミ)。トラベル、ビジネスをはじめとするインターナショナルなライフスタイルに対応したアメリカのブランドで、「高い機能性」と「モダンなデザイン」というブランドコンセプト。ビジネスバッグだけでなく、アクセサリーなど幅広く扱うブランドです。TUMI(トゥミ)は特にビジネスバッグで有名で、年齢層も20代〜50代まで幅広く使われています。

 

TUMI(トゥミ)のブランド情報

会社名 株式会社トゥミジャパン(日本支店)
本社の住所 東京都港区南青山3-1-3 スプライン青山東急ビル4F
ブランドの歴史 1975年アメリカで創業した老舗ブランドです。トラベルバッグやビジネスバッグを中心とした鞄が主な取り扱いですが、アクセサリーや小物、ペンやエレクトロニクス商品まで扱っています。
店舗情報(直営店)
  • トゥミ表参道店
  • トゥミ銀座店
  • トゥミ丸の内店
  • トゥミ名古屋店
  • トゥミハービス大阪店
  • トゥミ南船場店
返品・保証等について 財布やアクセサリーは2年間保障があり、バッグ類は5年間の製品保証(基本的には無償保証)があります。5年以降でも有料で修理を受けることができるので、長く安心して使うことができます。
職人の特徴 TUMI(トゥミ)公式サイトでは職人の特徴についての記載はありませんでした。
TUMI(トゥミ)の革へのこだわり TUMI(トゥミ)のビジネスバッグに使用されている革は、革の種類の中でも柔らかいと言われているナパレザー(ナッパレザー)が使用されています。羊の革を使用する場合と牛の皮を使用する場合がありますが、革の詳しい情報を載せていないためどちらかはわかりません。推測でいくと羊だと思われます。

 

TUMI(トゥミ)のビジネスバッグ購入者の口コミ

TUMI(トゥミ)を購入した方のネット上の書き込み(2ch、公式サイト、ブログなど)で良い口コミと悪い口コミのタメになるモノを厳選してまとめました。

 

ナイロンの鞄よりかっこいいけれど・・・

 

投稿:30代男性 職業:会社員 購入品:レザーブリーフケース(96114) 評価:

 

トゥミのナイロンのビジネスバッグを長年愛用してきましたが、古くなってきたのと昇進祝いに自分にトゥミのレザーのビジネスバッグを購入しました。とてもかっこいいのですが、メンテナンスがめんどくさいのと、使ってみて思ったのが前回の鞄と共通でTUMIは内側がやはり傷みやすいですね。


 

出張用で機能重視で購入しました!

 

投稿:40代男性 職業:会社員 購入品:TUMIブリーフケース(68517) 評価:

 

59,800円とやや高いですが、出張用のビジネスバッグとしてトゥミのビジネスバッグを購入しました。このブリーフケースは、革の質感もよく、取引先に行っても堂々としていることができます。サイズ感や機能も良いです。1.5キロとやや重いのはレザーなので仕方ないですが、ファスナーの縫製がやや雑だったのが残念でした。


 

荷物が多い私にはぴったりでした!

 

投稿:20代男性 職業:塾講師 購入品:TUMIブリーフケース(26141) 評価:

 

本体がナイロンでハンドルがレザーのトゥミのビジネスバッグを買いました。資料をいつもたくさん持ち運ぶのと、必ずノートパソコンを入れたいので、大容量のビジネスバッグを探していたところ、知人の紹介でTUMIを紹介してもらいました。使ってみて、本当にポケット数だけでなく中身もA4ファイルがかなりたくさん入れてもノートパソコンが普通に入るので嬉しいです。デザインはかっこいいわけではありませんが、機能重視の私にはぴったりです。


 

TUMI(トゥミ)ビジネスバッグ【人気BEST1】

※実際に電話で聞いたり、店舗やネット通販で管理人が確認した情報を元にしています

 

TUMI ALPHA2 96114(ブリーフケース/レザー)

TUMI(トゥミ)のビジネスバッグを【徹底解剖】

TUMI ALPHA2 96114は、オールレザーのブリーフケースです。TUMIの中でも価格は高いですが、素材がナイロンなしの本革だけだということもあり、40代〜ワンランク上の職業の方に人気です。特許取得済のショルダーベルトがついており、U字ポケット・チケットポケット・キャスターなども付いています。その他詳しい機能は下記の表をご参照ください。

 

サイズ(cm) 重量 素材
縦33cm×横44.5cm×厚み9cm 2025g 100%牛革+100%ポリエステル
ポケット数 ショルダーベルト ファイルサイズ
8 ○(付属) 記載なし
ノートPC 防水 カラー
記載なし レザーなので注意が必要 ブラック
スーツ 私服 適応身長幅

〜180cm

TUMI(トゥミ)のビジネスバッグを【徹底解剖】

 

 

TUMI(トゥミ)のビジネスバッグはこんな方におすすめ♪

  • 機能重視でビジネスバッグを選びたい方
  • ビジネスバッグで一般的なブランドを選びたい方
  • 5万円以下で容量重視でビジネス鞄が欲しい方

 

TUMI(トゥミ)のビジネスバッグを買うと損する人はこんな人・・・

  • デザインや見た目重視でビジネスバッグが欲しい方
  • 周りの人と同じようなビジネスバッグを買いたくない方
  • ワンランク上のレザービジネスバッグが欲しい方
  • 女子に持てるビジネスバッグが欲しい方

参考:【確実に女性にウケる!】メンズビジネスバッグの選び方

 

TUMI(トゥミ)のビジネスバッグをネットで購入する前の疑問FAQ

TUMI(トゥミ)にはたくさんのビジネスバッグの種類がありますがどれを選んだらいいですか?

機能重視なら、ナイロンのビジネスバッグを、デザイン重視ならレザーバッグがおすすめです。ただし、レザーだとココマイスター土屋鞄のような上質なオールレザービジネスバッグの方がより洗練された革とデザインです。

 

TUMI(トゥミ)が人気の理由はなんですか?

ポケット数・容量が大きいことなど、機能が優れている点で人気です。逆に、営業や部長や社長が持つべき鞄ではありません。平社員や他に数多く持つ人が多いからです。そういった方は、「【厳選ランキング】メンズにおすすめのビジネスバッグブランド」をご参照ください。

 

TUMI(トゥミ)のビジネスバッグにはどのような機能がありますか?

ノートPCを収容できるだけでなく、オープンポケット・iPadポケット・ジップポケット・ダブルファスナー・肩パット付きショルダーなど数多くの機能があります。機能重視で選びたい方は最適なバッグですが、見た目がややダサいことと、持っている会社員の方が多いのでワンランク上の職業の方や30代でこれから出世するような方には不向きとも言えます。